排水減容・排水産廃費ダウン・排水脱水・工場用環境装置・船舶用機器・減圧脱水装置・蒸発濃縮装置

減圧脱水・排水装置、工場用環境装置、船舶用機器メーカーのコンヒラ

減圧脱水・排水装置、工場用環境装置、船舶用機器メーカーのコンヒラ

menu

ホーム > 【好奇心】

社員ブログCONHIRA BLOG

【好奇心】

2015/06/01|社員ブログ

本社営業チームリーダーの山口です。

私には、もうすぐ3歳になる息子がいます。
あんなに小さかったのに、今では元気いっぱい走り回って、楽しい日々を過ごしています。
言葉もたくさん話せるようになり、お互い気持ちを伝えれる様になりました。

最近は、「これ、なーに?」「あれ、なーに?」といろんな物に対して、質問してきます。
息子にとってみれば、見る物触る物、初めての物も多く、これが何に使う物なのか、名前は何て言うのか、いろんな物に好奇心を持ってるんだなと思います。

私は船舶業界に入ってから、もうすぐ12年になります。
前職は、船舶とは関係ない仕事だったという事もあり、入社した当初は、船の機関室、ブリッジに入ったりする事も初めてで、知らない事ばっかりでした。

コンヒラに入社してから、こんな出来事がありました。
当社の製品の中に、海洋生物付着防止装置(M.G.P.S)がありますが、ある日、お客様よりシーチェストに貝が付いて困っていると相談された事があります。
他メーカーのM.G.P.Sでしたが、どんな状況か見たかったので、訪船確認して電気配線の挟み込みを発見し、それが原因という事が判明しました。
手直し復旧後、お客様より死んだ貝が大量に上がってくるようになり、効果が出てきたと喜んで頂きました。
好奇心を持って対応する事は大切だと感じました。

あれから、年月が経過して、だんだん見る物に対して新鮮さが薄れてきている様に思います。
船には、私が知らない事は、まだまだたくさんあります。
ひょっとしたら、お客様が困っていて、お役に立てれる事があるかもしれません。
その為には、好奇心を持って見ていかないと、見えないんだろうなと感じます。

私も、息子の様に、好奇心を持って、仕事、プライベートと充実した日々を過ごしていきたいと思いました。

20150529山口画像