排水減容・排水産廃費ダウン・排水脱水・工場用環境装置・船舶用機器・減圧脱水装置・蒸発濃縮装置

減圧脱水・排水装置、工場用環境装置、船舶用機器メーカーのコンヒラ

減圧脱水・排水装置、工場用環境装置、船舶用機器メーカーのコンヒラ

menu

  • お問い合わせ お問い合わせ
  • 陸上装置
    078-599-7533
    陸上装置 078-599-7533
  • 船舶
    0898-23-6660
    船舶 0898-23-6660
ホーム > 社員ブログ > 【ベトナムへのフライト】~コロナ禍でいつベトナムに行けるか~

【ベトナムへのフライト】~コロナ禍でいつベトナムに行けるか~

2021/09/30|社員ブログ

シェア

twitter

facebook

note

 貿易チームのグエンバンドンです。コロナ禍でもベトナム調達の取引は少しずつ増えています。お客様からは「いつベトナムに行けるか」よく問い合わせをいただきますので、このブログでは、日本からベトナムへのフライトについて書かせていただきます。

 現在、日本からベトナムへの定期便はありませんが、日本在住のベトナム人を帰国させるために、救援便と特別に認可された商用便およびチャーター便が運航されています。日本からベトナムへの救援便は人道飛行とも呼ばれており、コロナ制限により出国できないベトナム人のために、他の機関、当局、航空会社と協力して、日本のベトナム大使館/領事館が手配する専用のフライトです。

人道的なフライトで帰国するベトナム人達の姿(機内写真)

 ビジネスでベトナムに訪問したい方は、ベトナムへの渡航に際して必要となるビザの申請、隔離ホテル手配、航空券手配、PCR検査等の手続きが必須です。

具体的にベトナムの入国の手続き手順は、下記のとおりです。

1)隔離施設(ホテル)の手配
2)ベトナム行き航空券の手配
3)入国承認等の申請・取得
4)ベトナムビザの申請
5)海外旅行保険の加入確認
6)入国3~5日前までに発行されたRT-PCR検査の陰性証明書を取得
7)オンライン医療申告
8)ベトナム入国手続及び滞在について

 このように多くの手続きが必要です。入国手続きを全て終わらせるには少なくとも1カ月半、場合によっては数ヶ月かかることもあるそうです。また、ベトナム入国時・日本帰国時にもそれぞれ14日間もの隔離措置が必要です。そのため、以前のように気軽にお客様とベトナム出張をする、というのがとても難しい状況が続いています。

 私は、当社の業務を通じて世界・日本の経済発展のために何ができるかを使命としてベトナム調達・開拓に力を入れて、頑張っています。当社はZoomなどでのリモート検品や打ち合わせをしていますので、現地訪問ができなくても案件を進めることができます。ベトナムでの製缶品などを調達希望する方がいれば、ご遠慮なくご連絡ください。コロナ禍で現地訪問ができない状況でも一緒に考え、コストダウンや安定調達のお手伝いをさせて頂きます。
 よろしくお願いいたします。

株式会社コンヒラ 採用情報